048-954-7680

本社所在地:〒340-0833 埼玉県八潮市西袋687-1 FAX:048-954-7681

新着ニュース一覧

TOP > 新着ニュース

冷風ダクトの製作1

2020/08/26

今年の夏はとても暑いですね。作業場では冷風機を使用していますが、あまり冷感効果感じられず。 隣の工作室はエアコンが聞いて涼しいので出入り口にダクトを設置し、工作室内の冷気を作業場に流す試みをしてみます。

27-1.jpg27-2.jpg27-3.jpg

コロナ飛沫防止パーテーション

2020/08/05

装置部品で余ったアクリル板とアルミフレームを使用してコロナ飛沫防止パーテーションを2個作る事にしました。 アルミフレームが太く重厚な感じに仕上がり、打ちあわせテーブルに設置してみました。

26-1.jpg26-2.jpg26-3.jpg

ドローン飛ばしてみました3

2020/07/22

プロペラの上側を覆うカバーは売っていなかったので3Dプリンターで製作してみました。カバーの重さは3.2グラム。(ドローンにとっては重いかな?)これをねじで固定して果たしてドローンは飛ぶのでしょうか!

25-1.jpg25-2.jpg25-3.jpg

ドローン飛ばしてみました2

2020/07/03

プロペラカバーがあったので買って取付けてみました。プロペラ自体は保護するけどまだ危ないですね。何かよいものないかな〜

24-1.jpg24-2.jpg24-3.jpg

ドローン飛ばしてみました

2020/06/29

操作方法を確認して飛ばしてみました。飛んでるドローンの写真撮ろうとしたら操作間違えてこっちに向かって飛んできた。何とか避けて助かりましたが、、、、プロペラがとても危険です。なにか対策しなきゃいかん!

23-1.jpg23-2.jpg23-3.jpg

ドローン 買いました

2020/06/17

前から気になっていたドローンを買いました。プロペラ部分が折りたためて手のひらサイズで軽い。(巨大ゴキ○リと言われてしまいましたが)。カメラも付いているけどどうやってコントロールするのだろう、、、、、、、取説あるので読んでみます。

22-1.jpg22-2.jpg22-3.jpg

アルミリベットのカシメ加工2

2020/06/16

ヘッダー加工で行う据え込み工程を参考に、今回のカシメ加工を行ってみました。 受けとカシメパンチを製作し、休眠していた蹴とばしプレスで加工を行ったところ、問題なくカシメ加工が出来ました。うまくいってよかったです。

21-1.jpg21-2.jpg21-3.jpg

アルミリベットのカシメ加工1

2020/06/09

カシメ加工の仕事をいただきました。ありがとうございます。大きなアルミの筐体にクリップを取付けます。取付けはアルミリベットをカシメて行います。ハイスピンカシメ装置で加工を行う予定でしたが、筐体が大きすぎて機械に乗らない事がわかりました。困った、どうしよう、、、、、、他のカシメ方法を考えます。

20-1.jpg20-2.jpg20-3.jpg

3Dプリンターで電車の模型製作

2020/06/01

電車の模型(たぶんNゲージ)製作の依頼を受けて、3Dプリンターで製作してみました。かなりマニアックな車両だそうで市販品が無いとの事。3Dプリンターは久しぶりの稼働でしたが無事出来ました。

19-1.jpg19-2.jpg19-3.jpg

ベルトコンベア選別機

2020/05/27

部品検査の為に選別機を製作しています。コンベアで流れる部品をキーエンスさんのカメラで判定しIAIさんのエレシリンダーで選別します。スカラロボットとの組み合わせも考え中。

17-1.jpg17-2.jpg17-3.jpg

ねじ検査冶具の製作

2020/04/6

ねじ部のダコンの検査をする為に、ハンドドリルを改造(ぶっ壊して)して、検査冶具を製作しました。正転反転をレバーでおこないます。これで検査の方の手間が省ければいいな!

18-1.jpg18-2.jpg

縦型圧入装置の製作

2018/09/10

IAI製エレシリンダーを使用した縦型圧入機の製作をしています。
コントローラーで簡単にセッティングが出来、生産性向上を図ります。

16-1.jpg16-2.jpg16-3.jpg

電動シリンダを使用した圧入装置の製作 2

2017/10/25

圧入装置、完成しました。NG検出もしっかりと作動しています。100V仕様なので家庭内でも作業が出来ます。

15-1.jpg15-2.jpg15-3.jpg

電動シリンダを使用した圧入装置の製作 1

2017/8/9

電動シリンダを使用してプラスチック部品に金属シャフトを圧入する装置を製作します。動きは単純ですが、センサーを使ったNG検出も出来るようにしたいと思います。

14-1.jpg14-2.jpg14-3.jpg

電動シリンダを使用した曲げ装置

2017/6/16

電動シリンダを購入し、コネクタピンの曲げ装置を製作しています。PLCで制御します。

13-1.jpg13-2.jpg13-3.jpg

単軸ロボットを使用した曲げ装置の製作

2017/4/21

コンタクトピンの曲げを行う為に、単軸ロボットを使用した曲げ装置を製作しています。

12-1.jpg12-2.jpg

金属へのプリント

2017/2/20

お客様への提案としてSUSプレートとねじ頭にプリントをしました。しっかりプリントされています。

11-1.jpg11-2.jpg11-3.jpg

エアープレスの試運転

2017/01/25

プレス機の電気配線のチェック、エアータンクの増設(38L)を行ってエアーと電気を繋げました。機械は正常に動いたのですが、スースーと背面から音がしてエアーが漏れている事が判りました。漏れ箇所の修理を行います。

10-1.jpg10-2.jpg10-3.jpg

エアープレス用台の製作3

2017/1/17

完成した台に機械を乗せました。スタットボルトでしっかりと機械を固定しています。現場へ設置し、次回は試運転をしてみます。

9-1.jpg9-2.jpg9-3.jpg

エアープレス用台の製作2

2016/12/28

パイプと天板の溶接を終えて、天板に機械の取付けねじの加工と、全塗装を行いました。来年は台に機械を載せて設置します。

8-1.jpg8-2.jpg8-3.jpg

エアープレス用台の製作1

2016/12/20

エアープレスを入手したのですが、台が付いていません。昔 製作した作業台を利用しようと考えてましたが、強度不足であった為、新しく製作します。パイプを切断し仮組にて形状を確認しました。これから溶接します。

6-1.jpg6-2.jpg

選別装置の製作 2

2016/11/21

最終仕様が決まり、装置、電気配線の組立て、カバーの取付けを行いました。試運転後、メーカーさんに 納品 致しました。

5-1.jpg5-2.jpg5-3.jpg

選別装置の製作 1

2016/8/19

お客様から検査装置製作の依頼を受けました。全体の構想図を作成し、部材の発注を開始、入荷したものから組立、シンプル構造ながら、電気回路、シーケンサプログラムをしっかりと考えました。今まで、社内用選別装置を3台製作した経験が生かされます。お客様と確認しながら、最終仕様、形状を決定します。

4-1.jpg4-2.jpg4-3.jpg

けとばしプレスのオーバーホール

2016/5/24

けとばしプレス(30年以上も前の機械です)を入手しました。動作に問題はないのですが、オーバーホールをする事にしました。ばらして錆びをとり、塗装し、調整しながら組立です。これから鉄板折り曲げ加工用として活躍します。

7-1.jpg7-2.jpg7-3.jpg

「3Dプリンタ−」を導入いたしました。

2015/10/10

「3Dプリンタ−」を導入いたしました。

「オリジナル健康器具」の企画・製作・販売、はじめました。

2015/10/10

「オリジナル健康器具」の企画・製作・販売、はじめました。

ホームページリニューアル

2015/07/30

ホームページをリニューアルいたしました。

このページの先頭へ戻る

- Topics Board -